家族の一員に長生きしてもらうためには、毎日食べるキャットフード選びはとても重要です。

月齢に合ったものを選ぶようにしましょう。年齢によって硬さが栄養など、必要なものが違ってくるのです。

子猫用は主に生後1年までの猫に与えるものです。値段だけで選ばないようにしましょう。食事は健康のためにとても重要です。

好みでないと食べないこともあります。食べていたのに急に食べなくなってしまうという事もあります。

しばらく様子を見て、食べないようでしたら変えてあげることも必要です。

風邪をひいている、具合が悪いという事も考えられるのでその場合には病院に行く必要があります。

月齢に合ったものはもちろんですが、プラスアルファーで選ぶ基準として、インドアキャットタイプ、猫がかかりやすい病気の一つ腎臓病予防のタイプ、去勢手術・避妊手術後用・毛玉ケアなどもあります。

猫の成長に合わせてキャットフードを選ぶのが長生きしてもらうコツ

産まれてすぐの小さな頃には親のお乳か専用のミルクしか飲むことができませんが2~3か月ごろには離乳食のような柔らかいタイプのものが食べられるようになります。

月齢に合ったタイプのものを数回に分けて少しずつ与えるようにしましょう。まだ一度に少量しか食べられないので多く与えすぎないように気を付けましょう。

4か月ごろを過ぎるとカリカリタイプのものも食べられるようになってきます。

最初からカリカリをそのまま与えるのではなく、ミルクでふやかすか半生タイプなどから徐々に移行させてなれるようにしていきましょう。少しだけカリカリを与えて、慣れさせるようにしてください。

餌の回数も猫の長生きに関係している?

また、餌の回数も徐々に減らしていくようにします。

急に回数を減らすのは大変ですが、1日に3回という風に徐々に一度に食べられるようにしていく事が、長く一緒に生活していくためには大切なことです。

半年くらいになるとかなり体も大きくなり、歯もしっかりしてきます。カリカリをしっかりと食べられるようになっていきます。

1年を過ぎるまでは子猫用のキャットフードを与えるようにしましょう。1年を過ぎれば1日、朝晩の2回の食事にするようにしましょう。

大人用の食事を与えるようにしますが、このころからは通常のタイプだけでなく、インドアキャットタイプ、腎臓病予防、去勢手術・避妊手術後用・毛玉ケアなどを選べるようになります。

7年くらい過ぎたころにはシニア用を与えるようにしましょう。

低カロリー・低脂肪などシニア向けになっているので消化も良く優しくできています。多頭飼いの場合には、月齢が違う子はそれぞれに合ったキャットフードを食べさせるために、離して与えるようにしましょう。