国産と海外産のキャットフードの違い

キャットフードは、そもそも日本と海外諸国では取扱いが違います。

日本では、原材料に添加物が含まれているので、食品ではなく雑貨で分類されます。猫にとっても美味しいそうな色や香りがするので食いつきは良いのですが、添加物などの影響で病気になってしまう場合があります。

全てのフードが粗悪であるとは限りませんが、安価なドライフードは特に注意が必要です。

大切な事は、原材料に何が入っているかチェックする事です。

キャットフードの原材料をチェックしていますか?

ポイントとしては、第一原料、人口添加物、ミールの有無、副産物の有無です。原材料の表記の仕方は、使用されている成分が多いものから記入する決まりになっています。

国産のキャットフードは、コストを削減するために、原材料に穀物が多く配合されています。本来猫はタンパク質を必要とする肉食動物ですが、穀物などの炭水化物は効率よく消化できません。

そのため必要以上に摂取すると肥満や皮膚炎などのアレルギーや病気の原因になります。タンパク質がかなり重要なので、肉類から記入されてる製品は肉類の配合率も高いのでそちらを選ぶと良いです。

海外産のキャットフードを選ぶ際のポイント

海外産は必ず安心と言う訳ではありませんが、肉類が入っている割合は高い製品は多くあります。しかし海外産であっても、肉類が家畜ミールや家禽ミートなどを原材料として使用している製品も多くあります。

また、肉類が入っていれば安心と言う事ではなく、肉類の表記に〇〇ミールや〇〇副産物の記載があります。この記載の中身は、食品として問題のない肉以外に、骨や軟骨、腐敗した肉、時には死骸や糞尿なども含まれている時があります。

なるべく牛肉や豚肉、鶏肉がしっかりと表記されたキャットフードを選ぶ様にします。

国産のキャットフードを選ぶ際はどの点に注意したらいい?

国産でも海外産でも上質な肉類を中心とした無添加のキャットフードを製造しているメーカーあるので、価格は高くなりますが、できれば良いフードを選ぶ様にすると猫も元気で過ごします。

国産ならプレミアムフードですが、どうしても価格が高いと感じるのであれば、海外産の平均より少し安めのフードを選ぶ事をお勧めします。

最近は、日本のプレミアム製品の中には、国産の原材料のみを使用し、ほぼ手作りに近い方法で製造されているものもあります。ちなみに牛肉を主として製造されているので安心です。

海外産では、人間が食べられるまで品質を上げて安心安全で販売しているフードもあり、美味しさだけではなく肉類の副産物や防腐剤、化学合成された原材料が入っていないものまであります。